2021 ワクチン接種記録

土曜日の午前中、小さな医院はごった返しの密であった。10席ほどの待合室に30人以上が詰めていて、昔ながらのビニールスリッパは早くも足りず、間隔を取るために貼られた床のテープは機能していなかった。

普段は「もの忘れ外来」や「リウマチ」をメインに診察している病院で、この状況を知らずに来た常連客は「平日きてください。薬だけなら出せます。」と追い返されていた。

早めに来たので座席もスリッパもゲット済だったのだが、待機していた15分間、ひっきりなしに人が入って来る。50人近くなったあたりで外にも並び出したようだ。

他の接種会場もこんな感じなんだろうか?

開始時間の5分前にアナウンス。

「これから12名の名前を呼びます。名前の順に履物を持って廊下に並んでください。接種して休憩したあとは別な出口から出るのでここには戻ってきません。はい、●●さん、××さん、、」

一巡目のグループで名前を呼ばれたので、誘導に沿って廊下に整列した。

廊下の先は2Fに続く階段が見え、これからどうなるんだろう?と考えていたら、時間ちょうどに2Fから声がした。

「それでは1巡目の12名の方上がってきてくださいー」

2Fは、診察室の間仕切りを取り払ったワンフロアになっていた。施術台や事務椅子が距離をとって等間隔に並べられ、一人ずつ名前をチェックして座らされた。

医師が問診票を読みながら、持病や質問がある人に声をかけていた。

「アルコール消毒だめな人いますかー?」

「接種について質問がある方いますかー?」

私の隣の女性から声が上がり

「あのわたし実は今年の5月にかかったんです

「あ、では打つ時詳しく聞きます」

なんて場面も。

「これから注射していきますので、肩を出してください。そのあと15分休憩したら、2Fの出口からおかえりください。」

自分の番が来て左肩にプスっと一発。

呆気ない普通の注射であり、

「大騒ぎするほどのことではないな」

が感想。

休憩中は、5月にかかった女性と、その人が話し相手に捕まえた更に隣の人のおしゃべりを聞いていた。

ごく軽症だったが入院した。その病院は同じくらいの症状の患者専用で、テレビで報道されてるより隔離の度合いや制限はユルかったし、誰も重症化しなかった。と、のほほんと語っていた。

15分経過し、階段の下からは2巡目の点呼の音声が聞こえてきた。具合が悪くなければ帰ってどうぞと促され、帰り支度を始める。

何やらめんどくさそうな人に長めに捕まって応対を終えた医師が接種券を手渡しながら

 

「来年は絶対やらねー」

 

と笑っていた。