MAD et LEN(マドエレン)のルームフレグランス

 

マルセル・プルースト著『失われた時を求めて – A la recherche du temps perdu 第1章スワン家のほうへ – Du cote de chez Swann』 … 冒頭「mad.len」にマドレーヌ(実際のスペルはMadeleine)をお茶に浸して食べたことから過去の記憶が一気によみがえるというエピソードが紹介されています。このマドレーヌが『MAD et Len 』の由来であり、製品開発のコンセプトとなっています。

MAD et LEN

パリに本店があるマドエレンの琥珀にオイルを垂らして使うフレグランスです。選んだのはAmbreNobileの香り。
見た目もとても良いし、家の中の空気がピンとして一気に拡張高くなりました。リゾートホテルっぽい。

LINARIのルームディフューザータイプがとても気に入ってましたが、詰め替え忘れて気がつくとなくなるので、もっと長めに使えるのを探していました。こちらはオイルを変えればずっと持つし、コスパもとても良さそう。

こういう石だけ買って→天然樹脂の化石 琥珀 好きなオイルで廉価版もできちゃいそう。

ケースも手作りで重みがあって素敵だけど、うちの洗面所にイマイチ合わないので良いケース探し中。