新しい分かり方


新しい分かり方

「わかる」ってなんでしょうね。CMから「ピタゴラスイッチ」、東京芸大での教育・研究まで、「分かる・伝える」を追究してきた著者の集大成です。

ないはずのものが「あるように感じる」のはなぜか、見方を変えると「はっとする」のはなぜか。CMや広告など時間やサイズの制約がある中で表現を追求するってこういう事なのか、ここまで気を配るのか、という思いです。

写真が多い本書ですが、私が一番気に入ってるのは読み物で
「10年文通しかしていなかった人が、実はその10年の間に病で声を失っていた。気づかなかった数年間の手紙は私の中で彼女の元気な声で再生されていた。声は生きていた。」
という「見方」に関するところ。

10年会っていない友だちは夢の中に当時の姿で出て来るしね。

「はっ」とする事が1つあったら、その裏にはクリエイターの何重もの努力と、またちがった「はっ」とした見方が10個はあるんじゃないのかな。そんな気持ちです。

再読してまた違った見方を発見するのも楽しみです。